クォーツの腕時計

クォーツ式腕時計がおすすめな理由とは?メリットとデメリット

一般的な腕時計は昔ながらのゼンマイで動く機械式か、電池で動くクォーツ式があります。時計の愛好家が好むのは機械式と言われますが、実用的で便利なクォーツ式時計のメリットも見逃せません。

実用的な時計を求めるならばクォーツ式がオススメな理由とは?クォーツ式、機械式腕時計、それぞれのメリットとデメリットを比べてみましょう。クォーツ式腕時計の電池交換やオーバーホールについてもお伝えします。


ベストセラー
Philosopher - メッシュ - シルバー
Swatch ー
36mm 40mm
Philosopher - シルバー
¥23,000
ベストセラー
Philosopher - メッシュ - ローズゴールド
Swatch ド
36mm 40mm
Philosopher - ローズゴールド
¥23,000
ベストセラー
Philosopher - メッシュ - ゴールド
Swatch ド
36mm 40mm
Philosopher - ゴールド
¥23,000
ベストセラー
Philosopher - メッシュ - ガンメタル
Swatch ル
36mm 40mm
Philosopher - ガンメタル
¥23,000
ベストセラー
Philosopher - ブラウン レザー - 36mm / シルバー
36mm 40mm
Philosopher - ブラウン レザー
¥22,000
ベストセラー
Infinity - グレー レザー - 32mm / シルバー
32mm
Infinity - グレー レザー
¥21,000

クォーツ式腕時計のメリット・デメリット

クォーツ式腕時計の最大のメリットは時間が狂わない正確さと言えます。そして、電池で動くため、毎日自分でネジを巻く手間が必要がないということです。

クォーツ式腕時計のメリット

・時間が狂いにくく、正確

・磁気の影響を受けても狂ったり止まったりする可能性が少ない

・毎日ゼンマイを巻く手間が不要

・電池交換は数年に1度だけで使える

・機械式に比べ安価に手に入る


クォーツとは英語の水晶という意味で、時計やアクセサリーなど耐久性が求められるものによく使用されている鉱石です。 その耐久性により長時間の使用に耐え、正確に時を刻み続けられるのです。

クォーツ式は遅れや進みなどのズレが一か月たっても15秒から30秒ほどの差と言われます。クォーツ式の1日のズレは1秒以下となりますが、一般的な機械式のズレは1日30秒以内遅れや進みが生じると言われています。クォーツ式の正確性は圧倒的なものです。

高級なクォーツ時計の中には1年間でも5秒から10秒ほどしか狂わないと言われるものまであります。

正確さはクォーツ式の大きな特徴で、出かける前に時計をつけて時間がずれていないか毎日確認しなくていいのは安心です。

クォーツ式腕時計のデメリット

・機械式に比べて資産価値が乏しいと考えられている

・分解が難しい、修理することが難しいものもある

・クォーツの振動を調整する電子回路には寿命がある(大体10年ほどと言われる)

・機械式に比べてクォーツ式のトルク(回転力)が弱い

クォーツ式腕時計の高級品であると分解修理可能なムーブメントを乗せていることもあり、デメリットはカバーされる場合もあります。

機械式腕時計のメリット・デメリット

機械式腕時計の利点の一番は分解修理が可能な点と言えるでしょう。長期の使用に耐えられるということから、ブランド時計だと資産的な価値があると考えられることもあります。「祖父から受け継いだ時計」など長年代々愛用されているような時計は機械式腕時計の場合が多いでしょう。

技術的な点、機械としての面白さから、趣味として機械式腕時計を熱心に集めたり選んだりする人も多くいます。

機械式時計のメリット

・ほとんどは修理が可能なこと

・クォーツ式に比べてトルク(回転力)が強い

・トルク(回転力)の強さから太くて長い針を乗せられる

・資産価値があると考えられている


機械式時計のデメリット

・1日の遅れや進みというズレがクォーツ式時計よりも大きい 

・ゼンマイを巻かないと数日で止まる

・日々手間がかかり駆動時間が短い

・磁気と衝撃に弱く、狂ったり止まる場合もある

・手作業で組む機械式ムーブメントの価格は高価になる

・定期的なオーバーホールの費用が発生する


高級機械式時計はズレが少ないですが、一般的な機械式時計は1日のズレが30秒以内と言われています。

ここまで見てきたクォーツ式時計と機械式時計のメリット&デメリットをまとめると、クォーツ式時計は正確性の高さと手間のかからなさから実用性の高い腕時計と言えます。

一方で機械式時計は、毎日の遅れや進みとゼンマイを巻く手間はあるものの、修理をして長期にわたり使い続けられることから、資産的価値も期待でき、趣味性の高いと言えるのではないでしょうか。

クォーツ腕時計の電池寿命、交換のタイミング

クォーツ式腕時計は機械式に比べ電池で動くという点は手間がかからずラクです。毎日ゼンマイを巻かないと気がつけば止まってしまう機械式とは異なり、クォーツ式は一度電池を入れてしまえば2〜3年ほど電池寿命が続くのが一般的です。

長いものでは3年以上、5年ほどの電池寿命があるクォーツ式時計は圧倒的に便利と言えます。

クォーツ腕時計の本体の寿命は、10年ほどが目安と言われていますが、もちろんメーカーにより寿命に幅があります。また普段の手入れやオーバホールによっても寿命年月は異なってきます。

クォーツ式ソーラー腕時計とは

電池で2〜3年動くクォーツ式時計ですが、ソーラータイプの場合、もっと長期にわたって使えるようになります。ソーラーウォッチはソーラーパネルで光を集めて、内部電池に充電して使うため、電池交換がほとんどいらないものです。

ソーラータイプのクォーツ式時計で有名なものでは、シチズンのエコドライブというブランドがあります。

クォーツ式腕時計のオーバーホールは不要?

時計のオーバーホールとは、時計内部のムーブメント分解して洗浄し新しい機械油を差しながら組み上げるメンテナンスです。汗やホコリなどの汚れを綺麗にして手入れをすることにより、部品の寿命を長く持たせることができます。

一般的には機械式の腕時計の場合、オーバーホールは3年から5年くらいに1度行うと良いと言われています。

クォーツ式の場合は、機械式よりももう少し長い期間に一度でよく、7年から8年ぐらいに一度オーバーホールをするのが好ましいと考えられています。

定期的なオーバーホールをしていると故障を防ぐこともできて、長く良い状態で時計を使い続けることができます。

「クォーツ式腕時計はオーバーホールが不要」と言う声もあるようですが、安価なクォーツ式時計を使っている場合、オーバーホールに出す費用や、修理したりするよりも一層のこと買い換えてしまった方が安くすむ、という場合もあることから「クォーツ式はオーバーホール不要」という意見もあるようです。

クォーツ式腕時計がおすすめな人のタイプとは

クォーツ式腕時計のメリットでも確認してきた通り、時間の正確さとゼンマイを巻かなくても電池で動き続けることが最も大きな特徴と言えます。そのため、出来るだけ手間をかけず、ストレスフリーに快適さを追求したい人に最適ではないでしょうか。

朝起きて出かける前に、毎日毎日ゼンマイを巻きたくない!時間がずれていないかどうか心配したくない!頻繁にオーバーホールをしたりメンテナンスに費用をかけたくない!という方はクォーツ式時計を選ぶのが賢明でしょう。

電池寿命は通常2年から3年と言われていますし、長いものでは5年以上もつものありますので、その間は止まる心配なく使うことができます。そのうえ毎日ゼンマイを巻く手間も不要です。

時間の正確さに加えて価格面でも、機械式の高級ブランド時計のように数十万円から数百万円というのは、購入するには敷居が高いことに加え、毎日気軽に使えない、という人にもクォーツ式時計は比較的低価格で手に入りおすすめできます。

高級な機械式時計に比べ気軽に買えるクォーツ式時計は、いろんなデザインや違うブランドの時計を試したい、というような遊び心やファッション性を求める人にもおすすめできる選択肢でしょう。

機械式時計は、やはり愛好家や時計集めが趣味の熱心な方に人気が高い傾向がありますが、一般的に毎日の実用性からするとクォーツ式時計が気軽に使える腕時計ではないでしょうか。

手入れや修理に詳しくないような初心者の人でも扱いやすく、初めて腕時計を買うような学生や成人のお祝い、就職活動中の人たちにもクォーツ式の人気が高いのは納得できます。誕生日のお祝いや記念日プレゼントや就活性へのプレゼントなどにも最適といえます。

クォーツ腕時計の高級ブランド

機械式に比べ比較的低価格で手に入るものが多いクォーツ式ですが、クォーツ式腕時計の中にも高級ブランドはあります。

クォーツ式腕時計で有名な日本のブランドといえばザ・シチズンやグランドセイコーが挙げられます。グランドセイコーの場合、限定モデルだと数百万円から1000万円にものぼる超高級クォーツ式時計があります。海外の高級ブランド時計と引けを取らない高級価格でしょう。

クォーツ腕時計ブランド、ノードグリーン

北欧のクォーツ式腕時計のブランドとして人気のノードグリーンはシンプルなデザイン が愛されています。

デンマーク・コペンハーゲン発のクォーツ式腕時計ブランドのノードグリーンですが、クォーツ部分は日本製、世界最高峰のMIYOTAムーブメントを使用しています。MIYOTAの日本工場で生み出されるムーブメントは、正確さや信頼できる品質を求める人から高い支持を受けています。

北欧デザインといえば、洗練されたミニマリズム的な美しいデザインがよく知られています。シンプルで無駄のないデザインに加えて、日本製の確かな品質のクォーツが安心感を与えています。

腕時計は毎日身につけて自己表現をするアイテムの一つです。定番のブランドや海外有名ブランドなどの場合、ほかの人とかぶってしまうこともあります。周りからも見られるアイテムですから、多くの人が使っている時計とは一線を画すものが欲しい、人とは違うデザインが欲しいという方にはノードグリーンのクォーツ腕時計がおすすめです。

ノードグリーンの時計を身につけることは、洗練されたデザインを纏うだけでなく環境問題への取り組みやサステナブルなライフスタイルを表現することにもなります。

ノードグリーンには社会貢献プログラムがあり、購入された腕時計の文字盤の裏にあるシリアルナンバーで社会貢献プログラムに参加することができます。社会貢献プログラムでは、購入された時計の料金の一部を慈善活動に寄付することができるのです。

慈善活動の内容には、中央アフリカ共和国の人へ安全な水を供給するプログラム、またはインドの子供に教育を与えるプログラム、そして南米にある熱帯雨林を保護するプログラムもあります。リサイクル可能なパッケージの利用を始め、木を植える活動、ノードグリーンはサステナブルなブランドです。

腕時計には資産的な価値やその人のステータスを示す側面もありますが、ノードグリーンの腕時計を使用することで世界の教育問題や衛生、環境問題に向き合っている姿が示されます。

流行に流されないデザインと日本製クォーツを搭載したノードグリーンの時計、好きなタイプが見つかるかぜひご覧になってください。

Recommended for you: