登山やハイキングのお供にしたいアウトドア時計

ハイキングは、あなたの一日を特別なものにする魔法のようなアウトドア活動の1つです。

ですが、リラックスできるレジャーな時間も、道に迷ってしまっては台無しです。アウトドア時計を手に入れて、二度と迷子にならないようにしましょう。過去5年間で驚異的な変化を遂げている腕時計の世界。多くのブランドや商品の中から、自分に合うアウトドア時計を探すにはどうすれば良いのでしょうか?

優れたアウトドア時計の特徴

まず初めに、アウトドア用の時計には出来るだけ丈夫なものを選びましょう。

アウトドア時計は、蛇行する道や秘境をナビゲートするために、できるだけ多くの機能を必要とします。

また、見やすい大きめの文字盤の時計を選ぶのもおすすめです。

ナビゲーションと高度

アウトドア時計で見逃せないのが高度計。

崖を這うようにして登っていくなどの冒険をしているときに、自分が立っている高度を計算してくれる機能です。

この機能は、気圧を利用して海抜高度を推定するもの。ハイキング中に海抜高度を知ることは、自分の方向を知ることと同じくらい重要です。

現在の高度のみを表示する時計もあれば、Y軸に時間に対するグラフを描く時計もあります。スマートフォンやパソコンと高度データを同期してくれる時計もおすすめです。

気圧計が内蔵されていることもハイキングには欠かせない機能です。気圧計があれば差し迫った嵐を警告してくれるので、嵐が来る前にキャンプ場を準備することができ、嵐が猛威を振るっている中で鬱蒼とした森の中で立ち往生になってしまうなんてこともありません。

気圧計は、急な気圧の低下を検知するシンプルな技術で、急な天候の変化や近付いてくる嵐を警告してくれます。

コンパスは、絶対に外したくないもう1つの機能です。1万円以下でも機能性の高いものは、コンパス機能を搭載していることがほとんどですが、その中でも特におすすめなのは3Dコンパスを搭載した時計。

例えば、2Dコンパス内蔵の時計の場合、完全に水平な位置でしか正しく機能しません。しかし、3Dコンパスは角度に関係なく機能します。

あなたの手首を水平にしようとしている間に道を踏み外したりすることのないように、3Dコンパスを選びましょう。

時計のGPS機能は、未知の領域をナビゲートしてくれる特に重要な機能。この機能は、あなたが従うべきルートはもちろん、多くの情報を伝えてくれます。歩いている速度、移動した距離、目的地までの距離、そして現在の位置。この機能を活用することで、夕暮れ時に足止めされる前に計画を立てることができます。

GPS機能は、2万円以下の商品には搭載されていることの多い機能ですが、1万円以下のものには搭載がない場合も多いです。

バッテリー寿命

アウトドア用の時計で考慮する必要のあるもう1つの側面はバッテリーです。

機能が多いアウトドア時計は、それだけでバッテリーの減りが早くなる傾向にあります。登山やハイキングの途中に、時計がバッテリー不足になることほど怖いことはありません。

安心してアウトドアに出かけられるよう、バッテリーの寿命の長い時計を探しましょう。

アウトドア時計の価格は?

腕時計はあなたの冒険の生命線。できるだけ多くの機能が搭載された、品質の高いものが理想的です。硬い岩にぶつかっても壊れないサファイアガラスのディスプレイや傷の付きにくい頑丈なベゼルも必要不可欠です。サファイアガラスの搭載されたNordgreenのPioneerもおすすめです。

1万円以下で探した場合、サファイアガラスやGPS機能は付属していないものも多いですが、2万円以下の商品にはGPSはもちろんサファイアガラスやゴリラガラスのディスプレイが完備されている優れた時計を見つけることができるでしょう。

日々技術が進化する中で、2万円以下で上記の全ての機能が搭載された腕時計を簡単に手に入れられる日が来るのも近いでしょう。

Recommended for you: