皮革製のブラウンベルト

茶色の革ベルト。これもまた、上質な腕時計にふさわしい、永遠の定番です。厳選された茶色の革ベルトは、風格と円熟味を添えてくれるもの。それがノードグリーンの腕時計なら、なおさらです。

女性向けでは、茶系はどの色の組み合わせにもしっくりと馴染みます。本体は女性用Native(ネイティヴ)のローズゴールド、シルバー、ゴールドからお選びいただき、ブラウンレザー・ウォッチストラップを合わせれば、個性的な装いに。

ノードグリーンのブラウンレザーのウォッチストラップをご紹介します。昔、男性が時計をポケットにしまう代わりに腕にはめることにしたとき、ベルトの素材に用いられたのは革でした。当然の選択でしょう。しなやかで耐久性に富み、見た目も優雅なのですから。このコレクションではブラックレザーもご紹介します。

今日でも革ベルトは人気が高く、革の種類も色も豊富に用意されています。たとえば、青、茶、こげ茶、黒。また、革は時の経過とともに腕に馴染み、最高の装着感が得られます。

Read More
ベストセラー
Philosopher - ブラウン レザー - 36mm / シルバー
36mm 40mm
Philosopher - ブラウン レザー
¥22,000

フォーマルな場に着用する場合も、茶色の革ベルトなら最適です。装いのアクセントとなる、革ならではの本物を感じさせるスタイルと個性はメタルのベルトではなかなか得られないもの。また、革ならば靴やベルトなどほかのアクセサリーと合わせるのも簡単です。

茶色の革ベルトはフォーマルな場面にぴったりなばかりではなく、スマートカジュアルな装いにもおすすめです。ドレスシャツ、ジャケット、半袖シャツ、そのどれとでも難なく合わせていただけます。

皮革製のブラウンベルト

女性の場合、茶色の革ベルトはスマートカジュアルな着こなしにうってつけです。ブレザーにドレッシーなジーンズやパンツ、それにブラウス。繊細な茶色の革ベルトの時計がそのすべてをうまくまとめあげてくれます。大抵の場合、おしゃれだけど堅苦しくない服装なら、茶色の革ベルトの時計はこのうえないアクセサリ―に。

ビジネスシーンでも、茶色の革ベルトの時計なら洗練された女性らしさを演出するアクセサリーとして活躍。機能性はもちろん、あなただけの個性のアピールにも効果的。革ベルトの時計は気楽に身に着けられるだけでなく、大胆な自己主張のメッセージを発信してくれるアクセサリーでもあるのです。

茶色はさまざまな服装に合わせることのできる万能な色です。茶色とベージュの組合わせは、時代を超えた定番。茶色の革ベルトの時計なら、白いシャツにも紺のブレザーにも、カジュアルなジャケット合わせてもいいでしょう。寒い冬に温かみを感じさせてくれる赤や黄色やオレンジ色の服にだって、茶色の革ベルトの時計なら申し分ありません。

腕時計のデザインを決める際には、茶色の革ベルトのサイズは重要なポイントになります。時計本体よりも厚みと幅があるベルトが付いた腕時計はよく見かけますが、こうした時計はカジュアルな場面向きです。

フォーマルな服装に最もふさわしいのは細身のベルトです。仕事や結婚式、あらゆる場面に通用する普段使いの時計をお探しなら、ベルト幅は男性で42㎜までがおすすめです。スマートな革ベルトの腕時計を好まれる女性なら幅36㎜までに。

革はファッションではとても大切な素材です。革の質感はどんな布地をも引き立て、ほかの革とも金属ともよく馴染みます。万能でエレガントな時計をお望みなら、まずはノードグリーンの時計用ベルトをご覧ください。

時計本体とブラウンレザー・ストラップの組み合わせ

ブラウンレザー・ストラップを服装やTPOに合わせるだけでは十分ではありません。時計本体とベルトの相性にも気を配りましょう。ノードグリーンでは様々なデザイン、サイズ、色の時計をご提供しています。ご自分の個性とライフスタイルに即した組み合わせをお選びいただけます。

ノードグリーンの時計のデザインは、デンマーク出身で数々の受賞歴のある、世界的に著名なヤコブ・ワグナーによるものです。特徴は、北欧ならではのシンプルさと時を超えて洗練されたデザイン。私どもの時計はどれでもブラウンレザーのストラップと合わせていただけます。

デザイン

ブラウンレザーのストラップにどのモデルを合わせるか、まずはそこからです。ノードグリーンで提供している本体モデルは4種類。フィロソファ、ネイティヴ、インフィニティ、パイオニア。

パイオニアは男性的なデザインが特徴で、サブダイアル、ストップウォッチ、日付表示窓、ラグ(時計本体のベルト接続金具)を備えています。私どもの製品のなかでも最も緻密なデザインで、サイズは一種類のみ。洗練された印象を好み、腕時計をファッションの鍵と考える男性向けです。

ネイティヴは無駄のないミニマリスト的デザインで、秒目盛、日付表示窓、秒針を省きました。現代的シンプルさに革の安心感を組み合わせたいと望む女性に人気のモデルです。

インフィニティは懐中時計を思わせるデザインで、秒目盛はくっきりと刻まれ、ラグ(時計本体から突き出たベルト接続金具)は省かれています。針は長針と短針のみで、日付表示窓もありません。クラシカルなデザインのため、特にレザーストラップとの組み合わせが人気です。

フィロソファはネイティヴと似ていますが、少しばかり細部に凝っています。シンプルな文字盤には秒目盛と日付表示窓が盛り込まれ、秒針が加わりました。無駄のないデザインに加えて機能性も望むなら、このモデルがおすすめです。

サイズ

腕時計のストラップの幅は時計本体のサイズによって決まります。ノードグリーンでは、時計本体サイズは、32㎜、36㎜、40㎜の3種類ご用意しております。なお、パイオニアだけは42㎜のみとなっております。ストラップのサイズは、16㎜(本体32㎜用)、18㎜(本体36㎜用)、20㎜(本体40、42㎜用)のご用意となります。

ノードグリーンでは、女性のお客様には本体32㎜と36㎜を、男性のお客様には本体36㎜、40㎜、42㎜をお勧めししております。小ぶりなストラップは繊細な印象となり、フォーマルな場面に最適です。

文字盤のカラー

文字盤の色は、ブラック、ネイビー、ホワイトの3色のご用意となります。ブラウンレザーのストラップはどの色とも相性は抜群。お好きな色をお選びいただけます。

ケースカラー

本体のケースは、ゴールド、ローズゴールド、シルバー、ガンメタルの4色からお選びください。好みの文字盤の色と組み合わせてレザーストラップを加えれば、お客様だけのユニークな時計に。

ブラウンレザーのストラップはどの文字盤の色にもケースの色にもぴったりと馴染みます。ストラップの金具の色をケースと揃えればブラウンレザ―と本体とがきれいに調和します。

ノードグリーンのブランレザー・ストラップ

茶色の革ベルトの時計を選ぶ際、最も重要なのは革の品質です。低品質の革は劣化が早く、外観を損なう恐れがあります。

私どもが提供するレザーストラップは最高品質を誇り、耐久性が高く見た目の美しさも長く保たれます。すべての製品は手作業で製造され、お客様に最高の品だけをお届けするために、個別に検査を行っています。また、そのデザインはわたしどもの時計をよりいっそう引き立てるものとなっております。

レザーストラップの素材について

ブラウンレザーストラップの素材は、イタリア製本革とビーガンレザーの二種類となります。イタリア製本革は古くから伝わる、植物性タンニンなめしの工程を経たもので、最高の耐久性と品質を誇ります。低刺激でアレルギーを起こしにくいうえに肌触りがよく、しなやかに伸縮して腕に馴染むため、腕時計のベルトには最適の素材です。

ビーガンレザーは、身に着けるものは生き物に優しいものにしたいと望む方には最適の選択です。装着感と外観の両面で本革に勝らずとも劣らぬ品質です。

レザーストラップのお手入れ方法

スタイリッシュな外観を保ちつつ、長くご使用いただくには、適切なお手入れが大切です。

レザーストラップのお手入れの基本は水を避けること。革は多孔質で水がしみやすいため、シミや変色など水分による損傷を生じやすい素材です。もし、レザーストラップを水で濡らしてしまった時には、吸水性の高い布でふき取ったのちに、自然乾燥させてください。

決して、ドライヤーを使用したり、直射日光にあてて乾かしたりしないよう、ご注意ください。熱により損傷が悪化する恐れがあります。

革が乾燥してひび割れが生じるのを避けるためには、最低でも2週間に一度はお手入れをされるようお勧めいたします。汚れを落とすには、柔らかい布で革の表面や溝についたほこりやアカをふき取ります。

次に、無添加の液体石鹸をごく少量、指先でそっと叩くように塗布します。一分後に吸水性の布で水分を残さぬようふき取ります。

最後に、革用のクリームかローションを塗布して革に潤いを与え、自然の艶をよみがえらせます。革のお手入れ用品はホームセンターや時計店でお求めください。

交換自在のストラップ

私どものストラップは交換が容易なため、目的に合わせて時計の外観を変えてご使用いただけます。また、ストラップのサイズもスタンダードなものとなっているため、他社ブランドの時計に取り付けてご利用いただけます。

色バリエーション

ブラウンレザーストラップは、ブラウンとダークブラウンの2色からお選びいただけます。ダークブラウンはよりフォーマルな印象となり、黒などの濃い色の服装に合わせてご使用いただけます。ブラウンとダークブラウン、その両方をお選びいただけば、あらゆる場面に対応ができることでしょう。

Read More