女優・小雪さんと考える「サステナブルな暮らし」〜買い物のあり方を見直してみる【Vol.1】

世界一のサステナブルブランドを目指して、社会貢献プログラムの実施や、カーボンニュートラルな活動などに取り組んできた時計ブランド、ノードグリーン。そのサステナビリティ・アンバサダーに女優の小雪さんが就任しました。

日頃からサステナブルな暮らしや、ワークライフバランスを大切にしている小雪さん。4回にわたり、小雪さんの暮らしのこだわりやサステナビリティ、そしてデンマークへの想いを伺っていきます。

第1回目となる今回は、就任頂いたサステナビリティ・アンバサダーやコラボ商品への想い、小雪さんが買い物をする際に心がけていることをお話いただきました。

——今回はノードグリーンのサステナビリティ・アンバサダーに就任頂きありがとうございます。どのような思いで受けてくださったのかを教えてください。

実は最近、モノを生産していくことや自分が消費していくことについて常に考えているんです。私たちの仕事は何かを紹介することも多いので、そういう責任ある立場として「環境のこと」や「地球への還元」を考えずにものづくりや宣伝をしていくことに対して、違和感も感じています。

私自身、何かを買う時にも 「これはプラスチックが沢山使われているから、買わないようにしよう」という意識でモノを選ぶようになってきました。

今回のサステナビリティ・アンバサダーは、そういった今の私自身の想いに通じるところがあったので、やらせていただきたいなと思いました。

——ありがとうございます。小雪さんの目には、今の社会のサステナビリティはどのように映っているのでしょうか。

サステナビリティ・アンバサダーの撮影の合間にインタビューに応じてくださった、小雪さん。

最近はサステナビリティという言葉も浸透してきていますが…日本ではまた実際の行動範囲は、とても遅れているのではないかと感じます。

私自身は、なるべくペットボトルを使わずにマイボトルを使ったり、この社会や家族の一員として出来ることを徹底するようにしています。あとは子どもを育てる立場としても、環境だけでなく人体への影響まで考えられるように配慮したり。

でも現実は、ようやくスーパーのビニール袋が有料になってきたくらいで。それもお金を払えば買えるし、まだまだプラスチックで過剰包装された食品やペットボトルも沢山売られてます。社会全体でもう少し高いレベルでやっていけたら、どのぐらいのスケールで環境が改善できるんだろう…といつも考えます。

ただ、自分がやっていることを自慢したり「あなたにこうして欲しい」というのは驕りになってしまうので、そうならないように、当たり前のこととして伝えるようにしています。

——今回のコラボストラップは、ゴミが新たな価値へと繋がる「アップサイクル」という手法で作られているのですが、そういったストーリーについてどう思われますか。

表面はプラスチックゴミから作られたリサイクルポリエステル、裏面が産業廃棄物から回収された再生ポリエステル樹脂から紡がれた繊維素材を使用したストラップ。ストラップ各4,500円、文字盤セット各20,000円〜

素晴らしいですよね。時計のように実用的で、普段から使いたいって思うものに自分たちが消費するゴミが再利用されて価値のあるものに生まれ変わるんだとしたら、意味があると思います。

それに、今回これを買うだけでゴミ拾いをしているNPO団体に寄付されて、2kg分のゴミがなくなりますしね。プラスチックを使わないことを前提にしつつも、出してしまったゴミはみんなで回収していくという取り組みに共感しました。

あああこれはダミー。ここも写真あればキャプション書かせて頂けると嬉しいです

海のゴミから生まれ変わった「Nordgreen × Koyukiコラボストラップ」
Nordgreen × Koyuki

Nordgreenのサステナビリティ・アンバサダー小雪さんとのコラボストラップ。ユニセックスのコラボストラップは、地中海から集められたプラスチックのゴミを、ポリエステルの糸へ生まれ変わらせて誕生しました。ストラップの裏面も、”Ultrasuede® HP”という産業廃棄物からスエード素材に変換したものを使用しています。環境を配慮した腕時計と共に、手元にストーリーを纏ってみませんか。

View Details
——アップサイクル商品であることと、綺麗な海に繋がっていくというふたつの取り組みによって、自分が買ったものがより一歩進んだ社会貢献になるという、北欧の価値観らしいキャンペーンになったと思います。

私はデンマークが好きで何度か訪れたことがあるんですけれど、デンマークではこういった価値観は当たり前ですよね。私自身も、そういう生き方を心がけています。

けど、実際そういうマインドに入ってもらうっていうのはなかなか難しいですよね。買うことでまず一つ意識の芽が芽生えるきっかけになれば、スタートラインに立つのかなと。地球温暖化が本当に進んでいるので、もうそういう消費の仕方じゃなかったら買っちゃだめなんじゃないかなって、私は思ったりもします。

——モノを買う時に、サステナブルな視点以外で大切にしていることはありますか?

私はモノを所有する時に、そこにストーリーがないと愛着がわかないんですよね。安易に買ったモノに対して愛着が持てるだろうか、と考えてしまうんです。そういう感覚でモノと付き合うと、やっぱりすごく希薄になっていてしまうので。

ストーリーがある商品で、それに加えて自分が目に見えないゴミが減っていく取り組みがあれば、海のゴミも減っていって魚も生きれるし、未来の子ども達が魚を食べれる。命をつないでいくことにも繋がりますよね。

今回のコラボ商品は、今あるモノや価値観を自分の子どもや孫、そして世代を越えた人たちに残せるのか、残していきたいのか?…それとも残していいのか?そんな疑問を、皆さんが持ち始めるきっかけになってもらえればいいなと思います。

---

サステナブルという言葉を聞くと、難しくて自分とは少し縁遠いものと思ってしまう時もあるかもしれません。ですが、環境や消費について日頃から感心を寄せながら、自然と共に生きる暮らしを大切にしている小雪さんの視点は常に優しく、「できることから」「驕らず、押し付けず」「まずは始めてみよう」というメッセージを感じました。

次回はそんな小雪さんに、デンマークに訪れた際のお話について伺っていきます。
女優・小雪さんと考える「サステナブルな暮らし」〜デンマーク流の生活に教えてもらったこと【Vol.2】(●/●公開)

聞き手:岡安夏来/撮影:●●●●/編集・執筆:吉田恵理

<ニュースレターで最新情報をチェック>

サステナビリティや北欧デンマークにまつわるコラム、お得な最新情報をニュースレターで配信中です。

ニュースレター登録
Section

Nordgreenのサステナブルな取り組み

Sustainable Packaging
私たちはFSC(森林管理協議会)認定のパッケージを使用しています。 FSCとは適切に管理された森林や、その森林から供給された木材を適切な加工、流通を証明する国際機関です。 この認証を得ている資材のみを利用しております。
Responsible Manufacturing
デンマーク本社の企業との取り組みを行っており、海外工場でも高品質を保ったままお客様のもとへお届けしております。
Giving Back Program
Nordgreenの社会貢献プログラムは、腕時計をご購入頂くと、デンマークが大切にしている教育 / 衛生・健康 / 環境を軸とした、3つの団体から選んで寄付できます。
Carbon Neutral
何千本もの木を植えることで、私たちが排出している二酸化炭素の排出を抑えています。それは、私たちの腕時計が届く配送時のCO2相殺に繋がっているのです。

ファミリーカンパニーのご紹介

Welcome to Nordgreen

You are currently shopping in

  • Free express delivery and returns
  • Pay in your local currency

Payment methods